輸入楽譜使ってます

ある程度教本が進むと
バッハ、ハイドン
モーツァルト、ベートーヴェンなどに
挑戦する時がやってきます。

時と場合によりますが
輸入楽譜を使ってレッスンすることも📚

生徒さんが初めて手にする
輸入楽譜はバッハのインベンションでしょう。

いざ!インベンション!
となれば

楽譜は原典版に忠実な「ヘンレ版」を
使用しています。

ドイツ🇩🇪の出版社が出している
ブルーグレーの表紙が特徴的な楽譜です。

雨の少ないドイツの楽譜は
濡れたら終わり…
を感じさせる The 紙。

丁寧に使っていても
四隅からジワジワ丸まってきます。

日本製の
表紙にビニールコーティングが
施されている楽譜が
なんてありがたいか🥹

🇩🇪ドイツ語
🇫🇷フランス語
🇬🇧英語
の3カ国語で書かれており
日本語がどこにも書いていないことも
最初はびっくりされます👧👦

手にすることで
体感するのも
輸入楽譜の魅力です✨

日本製の楽譜に慣れた子どもたちが
ドイツ製の楽譜を手にして
日本てすごいんだ!
と感じたその先に

フランス製の楽譜を手にした時の
脆さ、印刷の荒さも
体感して欲しいです🇫🇷

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2024.06.4

    ひばりの歌
PAGE TOP