町田コンクールを終えて

入賞おめでとうございます🥂

2023年8月27日(日)は
全国町田ピアノコンクールの
本選(最終ステージ)でした。

B部門(小4以下)にて
🏆第3位 Sちゃん(上溝小4年)
🏅入賞  Mちゃん(田名北小2年)
をいただきました👏

おめでとうございます🍾

審査員長の
小林仁先生(東京藝術大学名誉教授)が
結果発表の前に
とても大切な事をおっしゃっていました。

「この結果は
その日のこの場限りのものです。

明日順番を変えて演奏したら
必ず違う結果になります。必ずです。

それを理解した上で
今日の結果を受け止めてください。」

と、ステージから
出場者に向けてお話ししてくださいました。

どの部門を聴いていても
完成度が高い演奏が
必ずしも3位以内ではありませんでした。

それは、人間の奏でる音楽ですから
当たり前のことなのですが…。

トロフィーが貰えなかったとしても
素晴らしい演奏をされる方が何人もいて
さぞ悔しかっただろうと
思わずにはいられません。

お勉強のように
出来たら丸⭕️がもらえたら
どれだけ良いか。

この結果をどう受け止め
自分の力に変えることができるか。

それが、審査員の先生方からの
最後の課題なのだろうと思いました。

2人がどう受け止めたのか
とても気になってます👧👧


3位をいただいたSちゃんは
去年移籍して入室されたばかりで
一年間私について来てくれたことに
感謝するばかりです。

きっと宿題も練習量も
ずっと増えたでしょうし
私から求められることも多く
苦しいことばかりだったと思います。

まだ取り組みが安定しないのも当然で
コンクール経験も少ない中
同世代の中に混じるだけではなく
受賞まで漕ぎ着けたこと
立派でした。

なんとSちゃんは実力の
1〜2割しかまだ出せていないので

いつかその力が余すことなく
発揮できる日を夢見て
一緒に取り組んでいきたいです✨

まだまだ、これからが楽しみです💕

惜しくも3位以内に入れなかった
(と本人は感じているはず)
Mちゃんですが

本来2年生のMちゃんなら
小3以下のA部門が該当級です。

お姉さんたちに混じって
2次予選を通過して
本選でも遜色ない演奏をしたことだけでなく

惜しむことなく
練習に時間を費やし
毎日果敢にピアノに向かう姿勢は

どんな賞よりも素晴らしいです👏

A部門に出してあげたら
望む結果が得られたのかなと思うと
私自身、胸が痛いです😢

この悔しい気持ちが
バネになったと後々言ってもらえるように
サポートしなくてはと
また一つ誓いました。


長くて熱い教室の夏が
これで終わりました。

生徒さんたちは夏休みだったので
レッスンは朝から晩まで自由自在で
私も保護者様も
間違いなく疲労困憊です🥱笑

間髪入れず
1ヶ月と少しすると
ショパンコンクールinアジアの地区大会です。

この難易度の高いコンクールに
7名が挑戦予定ですが

どう足掻いても
全員に追加でレッスンを入れてあげられる
時間の余裕がありません🥹

どうか、挑戦する生徒さんたちには
「先生がなんとかしてくれる」
という希望を捨てて!笑

毎週確実に目の前の課題を
こなしてくださいね🥹

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP