コンクール前日

明日は町田コンクール。

教室は今日はお休みですが
コンクールを明日に控えて
私がソワソワするので
挑戦する生徒さん全員に
最終確認に来ていただきました🙇‍♀️

相模原は38度。
こんな猛暑の中お越しいただいて

「今日は体調と心を整えて
練習もそこそこに早く休んでね。」

なんてどの口が言うのでしょう🥹

明日は元気に会場に
辿り着けますように💫

今日まで支えてくださったご家族の皆様。
お疲れ様です。

そして明日も
どうぞよろしくお願いします🙇‍♀️


先程、
町田コンクールの要項を読み返したところ

コンクールからのご挨拶には
このように書かれていました。

一部抜粋します。

↓↓↓↓

町田ピアノコンクールは、
1973年に第1回のうぶ声をあげ、
それから毎年、
数多くの子どもたちが
このコンクールを通じ、
ピアノという楽器を通して
自分自身と向き合いながら
巣立ってゆきました。

本コンクールの課題曲には、
特に小さなピアニストの皆さんへ向けて、
「ぜひこの作品を勉強していただきたい」
という願いが込められています。

この「町田のコンクール」で
若い芽として見つけられ、
羽ばたいていったピアニストの皆さんが、
やがて時が経ち、
今度は後進を育ててゆく・・・
そんな優しいあたたかなコンクールでありたいです。

↑↑↑↑

私はこの町田コンクールを
教育的価値の高いコンクールだと感じていて

特に課題曲からは
選曲された先生方からの
温かみを感じます。

数ヶ月をコンクールの練習に費やしたとしても
歩みを止めることなく
むしろより基礎力を高められる
課題曲となっています。

今までの取り組みを振り返って
改めてありがたい機会を
いただいたと感じています。

明日は感謝の気持ちをこめて
会場へ向かいます。

挑戦されるすべての方が
自分の力を余すことなく
発揮できますように✨

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2024.06.4

    ひばりの歌
PAGE TOP