コンクールのための録音録画

先週はコンクールのための
録音録画をしました。

どんなコンクールでもそうですが
コンクールに参加すると
生徒さんの課題が浮き彫りになります。

今回の録音・録画が終わり
保護者の皆さまと
振り返りをさせていただきました☺️

特に低年齢の生徒さんの場合
時間の感覚が大人とはまるで別物です。

本番まで1ヶ月と言われれば
まだまだずっと先のことだと感じるのが
小さいお子さんの特徴です。

練習してないわけではなくとも
ぼーっとしながら弾きがちで
内容が詰まってこない傾向にあります。

それでいて
最後の1週間に追い込み練習をしたら
まるで数ヶ月も努力し続けたように
勘違いしてしまうのです。

大人がレールを敷いてあげて
計画的な練習を管理し
成功体験を得ることも
時として必要かと思いますが

そればかりになると
子供たちの心を
置いてけぼりにしやすいですし

目の前の結果を求めるよりも
本人の感覚と現実の擦り合わせを
コンクールなどの機会を使って
経験していくことは

お子さんの心の成長に
つながると信じています。

今回、録音録画が終わった後
羽が生えたように
弾んで歩いては

大輪の笑顔を咲かしてた
生徒さんたちを見て
ほっと安心したところです☺️

みんなコンクールっていう
「遠足」?「お祭り」?を
楽しんでくれたようです🙌

また、参加した最高学年は
中学2年生でしたが

小さい頃よりも
自分の意思で
ピアノに向かってくれている様子で

音楽が好きな心も一緒に
育ってくれたように感じて
私自身楽しい時間を過ごさせてもらいました。

お母様からは
「やり出すと集中が凄く
こんな姿は初めてみたような気がします。」
とお話しいただきました。

もう、それだけで
100万点です💯

拍手👏

後ほど、中学生の演奏動画を
Instagramにて
アップする予定です♪

Instagramのリールは
1分30秒までらしいので
カット版でのお届けですが

最後にかわいいオフショットを載せていますので
ぜひ最後までご視聴ください🫶

関連記事

  1. リハーサルの様子(小3)
  2. ハロウィンのお菓子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP