音も心も磨こう

月曜、火曜と

コンクールでバッハを弾く生徒さんが続き

全員に同じことを伝えました。

バッハを弾く二次予選まで

まだ2ヶ月弱あるので

今のうちにできることを

じっくり仕込みたい!!

どんな曲にも言えることですが

「その音で弾いたら何やってもイマイチ」

ということはよくあります。

いくら器用に弾いても

音楽的に作り込んでも

音の出し方がなってないと

台無しです。

特にバッハは

それが全てと言っても

過言ではないと思っています。

波の無い静かな水の上に

雫が一粒ポトンと落ち

それが波紋を呼ぶ様子の

ひとつひとつの場面を観察するように

音を出す前

音を出す瞬間

音を出した後

それぞれの動作と空間を

まずは自分で意識するところから始めます。

安心してください。

バッハの音数は

それほど多くありません👹

今ざっと音符を数えてみたら

インベンションを弾く生徒さんは510音

音の数がありました。

音の粒ひとつひとつを

意識的に毎日磨く作業を

じっくりしてください👹✨

♪=60のメトロノームにあわせて

レッスンでお伝えしたように

指の上げ下げまでよく観察して

耳で音をそろえながら練習してみてくださいね!

インベンションは60弱の小節数で

8分の3拍子だと354秒で

片手の練習が一回通せます。

片手ずつやっても12分弱ですから

面倒がらずにどうか辛抱して

挑戦してみて欲しいです👩‍🏫

そして本気で取り組む気があるなら

本番の朝まで毎日続けて欲しいです。

消しゴムも練習のお供に

つかってあげてくださいね♪

この地味な作業と

そこに費やした集中力によって

音に緊張感が生まれます。

選び抜かれたとびっきりの

音を並べた演奏は

美しいに決まっています。

バッハをコンクールで弾く生徒さん全員

今週のレッスンは

超絶スローモーションでしか

弾かせてあげませんでした😂

今、この作業が

いっちばん大事です。

職人になったつもりで

こだわって練習して欲しいです。

そして、その練習の先には

その過程に耐え抜いたことで

心の中に一本

芯ができていると思います。

生徒さんの内面にも

変化がきっと現れます。

二ヶ月後に

成長した生徒さんにお会いできることを夢見て

声をかけつづけていきたいです。

これこそピアノの醍醐味🥹

生徒さんと

お母様と

一緒に青春です🫶

___________

写真は

先日体育祭の衣装を

一緒に作ったNちゃん。

いよいよ体育祭・・・

朝7:00に約束をして

髪の毛セットをして送り出しました🤗

前日の夜

髪型に悩んでいたのを

このインスタで見て知り

喜んで志願📩しました🙋‍♀️

リクエストの

お団子ツイン

とっても可愛かったです🫶

また来年も

後方部隊として参加させてね♪

関連記事

  1. 教室装飾秋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP