指の付け根の意識

楽譜を見て弾けることは
ピアノを習っているなら当たり前…

当教室ではもう1段階進んだ
「演奏」を深めるレッスンを目指しています🫧

そのために不可欠なのが
「豊かに響き」「芯のある」「伸びやかな」
音、です。

メカニックな観点から言えば
指先は言うまでもなく
指の付け根、手の甲が重要です。

まだ打鍵の基礎ができていない
ふにゃふにゃな音の方🙋‍♀️
どすこい横綱級の音の方🙋
千鳥足打法の方🙋‍♂️

間違いなく指の付け根を
意識できていないはずです。

5本の指全ての付け根を意識できるようになると
「手の甲の支え」までが
コントロールできるようになり

それが音色や響きを作っていきます。

なんとなくイマイチな時は
響きに緊張感が無い原因が
手の甲の高さが出ていないことにあったり

ツェルニーの練習曲で
メトロノームをかけると
手が痛くなって弾ききれない原因が
指の付け根を絶えず広げ続けて
緩めることが足りなかったり

とにかくレッスンで
指摘することが多い部分です🖐️

もう一歩
演奏を深めたい方は
お指の付け根をよく観察して
練習してみてください♪

そして
それ以前にお指の形が作れていない方🙋‍♀️

お願いだから
ピーンと「前ならえ」をするのだけは
今すぐにやめてください🥹

本当に、お願い…🥹

頭を下げての、「お願いします」🙇‍♀️

何年言い続けても
本人が直そうとしてくれないと
どうにもならないのが辛いです😭

特に指の付け根が凹んでるのを見ると
演奏を聴かなくても
静止画だけで
良い音が出せていないのが
分かってしまいます。

教室にもまだまだ
たくさん生息していますので
発表会までに
撃退できるように
私も執念深く踏ん張ります🔥✨

生徒さんと我慢比べ🫶
負けないぞっっ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP